精密板金・レーザー加工・レーザー溶接のナガラ 〒223-0057 横浜市港北区新羽町866-1
*
*TEL:045-532-1461
精密板金・レーザー加工・レーザー溶接のナガラ 会社概要 地図
* 過去のHot News !!* * サイトマップ
*

処理鋼板加工

プリントアウト
* 1:処理鋼板加工材質の特徴
* 2:処理鋼板加工材質を使用するメリット
* 3:ナガラの処理鋼板加工
精密板金・レーザー加工・レーザー溶接のナガラに関心をお寄せくださり、誠にありがとうございます。ここではナガラの処理鋼板加工技術についてご説明させて頂きます。
精密板金・レーザー加工・レーザー溶接のナガラ

処理鋼板加工材質の特徴

クロムフリー材 処理鋼板は、鋼板の表面(裏又は表の片面、ないしは両面)に電気メッキ又は、溶融メッキ、亜鉛メッキ等々、様々なメッキを施す事で耐食性を高め、かつ外観を良くした材質です。車輌関連製品、家電製品、並びに缶詰等に広く使用されています。

耐食性:金属などが腐食しにくいこと。

ページトップへ移動します
精密板金・レーザー加工・レーザー溶接のナガラ

処理鋼板加工材質を使用するメリット

  • 耐食性に優れている!
    処理鋼板は通常の鉄材質に比べ耐食性に優れているため、通信機器やOA機器、放送、音響など様々な分野で内部のシャーシー、金具関係はもちろんのこと、外装品としても広く使用されています。
  • 塗装に優れている!
    ボンデ鋼板等は、従来からの塗装用のパーカー処理など施さなくても塗装性に優れているため、幅広い分野で使用されています。
  • 環境にやさしい材質!
    今日において、従来の処理鋼板では環境問題の観点から使用に制限が出てきました。そのため近年いわゆるクロムフリー鋼板が誕生し、最近ではポピュラーになりつつあります。更に、このクロムフリー鋼板はジンコートやボンデ鋼板よりも耐食性が優れています。ナガラでは現在、特にお客様からの指示が無い限り、処理鋼板については常時クロムフリー鋼板を使用しています。
ページトップへ移動します
精密板金・レーザー加工・レーザー溶接のナガラ

ナガラの処理鋼板加工

シルク印刷可能な傷レス加工!

シルク印刷可能な傷レス加工写真1 シルク印刷可能な傷レス加工写真2 シルク印刷可能な傷レス加工写真3
ぜひ鮮明でより大きな画像でご覧ください
ナガラでは、処理鋼板をただの取付部品用、塗装用の材質として使用するのでは無く、外装用として「傷レス」の状態で加工し、シルク印刷等が行える程に仕上げます。これは、塗装の費用を押えるコスト削減の有効な手段の1つです。例えば、SPCCを使用しメッキ処理を行う加工の、代替手段として有効です。
*
傷レスで仕上げるには、加工の技術に留まらず、慎重で繊細な材質の取扱いが不可欠となります。ナガラはそれを実現し、お客様のコスト・ダウンに貢献しております。
ページトップへ移動します
*
* * *
*
Copyright (C) 2019 Nagara Corp., Ltd. All Rights Reserved.